CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
期待のニューマシン ハンマーナイフモア
0
    以前から欲しかったハンマーナイフモアがうちに来ました!

    ハンマ―ナイフモアとはロータリーに付いた小さなナイフ
    (と言っても手が切れるほど鋭利じゃありません)が回転して
    伸びた草を粉々にしてくれる機械です。

    とても高価で自分だけではキビシかったので
    先輩農家さんと一緒に購入させていただきました。

    作付けが終わった後、他の作業に追われ
    いつも片付けが後回しになって伸びてしまう畑の草たち。

    今までは、刈払機で刈ったのを集めて畑の脇に運んでいましたが
    これがかなりの重労働の上、時間もかかります。
    片付けが追い付かずに次の作付けが遅れてしまうってのもよくあること^^;

    ハンマーナイフモアを使えば草が粉々になるので
    1〜2日置いておいて乾燥したらトラクターをかけられます。

    作業時間の短縮も大きなメリットですが
    大量の草(有機物)を畑にすき込めるので
    畑の土がよくなる効果も期待できます。

    さらに、畑の脇に積んでいた大量の刈り草もなくなるので
    畑も広く使えるようになります。

    このモアちゃん、いつでも全力でアクセルはフルスロットル!
    腰の高さまで伸びた草もすいすい粉砕してくれます^^



    弱点はいつでもアクセル全開なので燃料の消費が多いことと
    すごく土ぼこりが舞うので近隣のお宅への配慮が必要なところ。

    モアちゃんをうまく使い作業効率アップさせて
    種蒔きや苗植えを適期に行えるようがんばりたいと思います!(勝)
    | 道具 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    自作電気柵巻き取り器
    0
       田んぼや畑へのいのししの侵入を防ぐ電気柵。

      設置するときに伸ばすのは簡単なんですが
      片づけるときに巻き取るのが大変!

      先輩農家さんなんかに聞くと
      板とかダンボールの切れ端なんかに
      巻くといいと言われますが
      うまく巻けずに伸ばすときに絡んでしまったり…。

      ホームセンターに電気柵巻き取り器が売ってるのですが
      とても簡単なつくりなのに巻き取りリールと本体を合わせて
      約7000円となかなか高価。

      ってことで自分で作ってみました!



      巻き取りリールは製品を買って
      あとは塩ビパイプを駆使して作りました。

      作成所要時間約15分で材料費1500円ほど!
      巻き取りにはちょっと慣れが必要かもしてませんが
      なかなか快適な使い心地。

      電気柵巻き取りのストレスが大幅に軽減されました^^(勝)
      | 道具 | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      決意の草刈り鎌
      0
         館山の田中金物店さんで草刈り鎌を買いました!

        最近畑の除草が遅れ気味なので
        しっかり草刈りをするという決意の意味を込めて
        ちょっと価格の高いいい鎌を購入。

        今までは、ホームセンターで買った草刈り鎌を使っていたのですが
        手入れを殆どしていないこともあり
        切れ味が悪くてなかなか草刈りがはかどりませんでした。



        今回買った草刈り鎌は
        以前使っていたものより価格は高いのですが
        手打ちでさすがの切れ味!

        切れ味がいいと仕事がはかどるしヤル気もアップします。
        鎌にも愛着がわくし、高かったから大事にしなきゃという
        気持ちにもなり、メンテナンスもちゃんそしそうです。

        やっぱり道具は高くてもいいものを買った方が
        長持ちで仕事の効率もいいし何より
        その仕事へのモチベーションが高まるので
        トータルでみるとお得そうですね^^(勝)
        | 道具 | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        竹の切り出し
        0
          今は農閑期と呼ばれる時期です。
          寒さのために種蒔きもできないし
          夏ほど草も伸びないので草刈りも急がなくていいし。

          昨年2月の春野菜の種まきからずっと駆け足で過ごしてきて
          この時期になったらゆっくり出来るものかと思っていたら
          意外とやることがいろいろあるのです。

          今日は、いつもお世話になっている大先輩農家
          農家レストランじろえむさんにて山から竹を切り出しました。
          足場の悪い斜面で切った竹を運び出したりするので
          体力的にキツイ作業です。

          この作業、山の管理はもちろんのこと
          切り出した竹は、田んぼや畑の資材として使えます。
          この時期は、竹も乾燥しているので
          切った後も虫が湧きにくく長持ちするのです。
          今年は、稲を刈り取ったら天日干ししたいので
          今の時期に準備しなければなりません。



          モウソウチクやハチクなど竹にも種類があって
          それぞれ太さや真っ直ぐ具合が違ったり、
          その特徴によって使い道も変わります。
          昔の人はそのことを考えていろいろ竹を植えたのでしょう。
          ちなみに筍の出てくる時期や味もそれぞれ違うそうです。

          真っ直ぐで太くて長い竹は、稲を天日干しする腕木に
          ちょっと細い竹は、腕木の脚に
          細い竹はなすやピーマンの支柱に。
          一番太いモウソウチクは、
          重たいしあまり真っ直ぐではないので
          資材には向かないらしいです。

          最近はホームセンターで農業資材を買うことが多いのですが
          冬の間にしっかり作業をしておけば山から切り出せるのです。

          切り出した竹を提供してくれたじろえむさんに感謝するとともに
          昔の人の知恵と山の恵みににも畏敬の念を抱かずにはいられません。(勝)
          | 道具 | 23:12 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
          ビニールハウス完成
          0
             ビニールハウスを建設しました。
            前日に材料が運び込まれて、一日で完成。
            庭の景色が一変しました。
            もちろん建てたのは職人さんですが…。

            本当は、職人さんの人件費を節約したくて
            自分で建てようと思ったのですが
            建てた経験がなかったので今回は断念。
            すべて職人さんにやってもらい
            それを見学して次回は自分で建てるつもりです。

            いやぁ、職人さんの手際はすばらしいです。
            組み立ての手順もよどみなく進み、動きも無駄がない。
            建設方法だけでなく、資材の扱い方や
            ビニールを張った側にスコップなどを立てて置かないとか
            (スコップが倒れてビニールを傷つける恐れがあるので)
            注意点なども勉強になりました。



            2月からは、野菜の育苗がスタートします。
            このハウスのぽかぽかの中ですくすく成長してくれるはずです。
            ポットなどへの種まきもハウスの中でやれば寒くないし。
            大きな出費でしたが、出来ることが増えたのでとてもうれしいです。(か)
            | 道具 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            塩ビパイプで工作
            0
               塩ビパイプで農器具を自作しました。
              用意したのは4mの塩ビパイプとT字のジョイント。



              4mの塩ビパイプを丸ノコで切り、
              T字のジョイントに樹脂ハンマーで打ち込んで組み立てるだけ。
              下の写真が完成品です。



              これは、苗を定植するときに使う定規のような物で
              写真に向かって右側のパイプには、突起が15cm間隔で
              左側のパイプには突起が20cm間隔で付いています。

              右側の突起を畑にさせば、穴が15cm間隔に
              左側の突起をさせば20cm間隔に穴が開くので
              その都度株間を測らなくて大丈夫。
              その穴に苗を入れて覆土していくのです。

              材料費は、2000円程
              所要時間は1時間弱でした。

              器具を作ってみましたが、苗はこれから育てるので
              使うのはしばらく先になりそうです。
              早く使ってみたい…。(か)
              | 道具 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              | 1/1PAGES |