CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
田んぼの未来
0
    6月初めの大雨のために
    田んぼに水をくみ上げるポンプの給水管が土砂で完全に埋まってしまったので
    この地区で田んぼをやっている水利組合の人たちと水源掃除です。

    ほんとこの大雨はいろいろな所に影響を及ぼしてくれました^^;



    この水利組合のメンバーの多くは見た感じ60代。
    40歳のぼくが断トツの最若手です。
    みなさん元気でぼくなんかより
    ばりばり作業してる人もたくさんいたのですが^^

    その作業中に、20年後田んぼをやってる人間がどれだけいるのかねぇ?
    なんて話が出てドキッとしました。

    田んぼの水源の管理は地区の水利組合でやってます。
    4月初め田んぼシーズンの始まりの時に行うポンプおろしや
    今回の様な水源掃除などはとても一軒の農家で出来るものじゃありません。

    20年後を思うとこの中で残っていそうなのは数人…
    水源の管理ができなければ当然稲作もできません。

    畑と違い多くの人の協力で成り立っている稲作。
    存続させるために若い力が必要です!

    美味しいお米の採れるこの土地で
    稲作をやってくれる若手が増えることを切に願っています!(勝)
    | 田んぼ | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    田植え後の田んぼの様子
    0
      田植え後の田んぼの様子です。

      田植え当日は小雨が降っていましたが
      今日はきれいな青空が広がっています^^



      この時期の水加減はちょっと難しく
      水の量が多すぎると水の深い所ででは
      まだ小さい稲が水没してしまったりザリガニに切られてしまったり
      水が少なすぎると水の浅い所では
      土が露出して乾いてしまったり草が生えてしまったり。

      しばらくはマメな水管理を心がけたいと思います!(勝)
      | 田んぼ | 07:03 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      春の一大事 田植え!
      0
        今年も田植えの日がやってまいりました!

        本格的に稲作をやり始めて4年目ですが
        年に1回しかやらないので4回目の田植えです。

        そうそうひどい失敗なんてしないんですが
        失敗のできない一発勝負の作業なので
        毎年数日前からキンチョーしています^^;

        農作業って稲作に限らず年に1回しかできないものも多く
        そういった作物は失敗したらまた来年って感じで
        なかなか多くの経験も積めないし
        すぐにやり直しがきかずキビシイです!



        今日は祭日なので、途中嫁さんと子どもたちが応援に来てくれました^^

        相変わらず機械を真っ直ぐ走らせるのが苦手で
        稲の列がぐにゃぐにゃ曲がっていますが
        「曲がり八石くねり十石と言って
         曲がってた方がたくさんお米が採れるんだよ」という
        近所のおばあちゃんの話もあるので良しとしましょう!

        トラクターをハメてしまった様な田んぼの深い所は
        大事を取って重量の軽い手押しの田植え機で植えました。



        手間はかかりましたが去年より上手に植えられたんじゃないでしょうか!?

        無事田植えが終わりホッとして肩の力が抜けました。
        1日2日休みを取りたいところですが
        冷静になって考えてみると畑の作業が山積みになってる…

        深呼吸して気持ちを切り替え畑の作業を進めていきたいと思います!!(勝)
        | 田んぼ | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        田植え直前!苗の様子
        0
          今までずっとビニールハウスの中で育ててきた稲の苗たち。
          田植えの前日には外の環境に慣らすために
          田植えをする田んぼに持って行く順化という作業をします。
          今年は田植えの前日にイベント出店するので前々日に行いました。

          4月の初めに種籾蒔きをした苗たち。
          去年は田植え1週間前に一部に病気が出てしまい
          先輩農家さんに少し苗を分けてもらうことで乗り切りましたが
          今年は、その先輩農家さんのアドバイスもあって
          殆ど問題なく元気に育ってくれました^^
          (少しだけ生育が悪く枯れてしまったところもありましたが^^;)



          苗を持ち上げると根っこの張りもまぁまぁかな?
          来年はもっとビシッと張らせたいですね。



          さぁ、あとは植えるだけです!(勝)
          | 田んぼ | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          とうとうやっちゃいました^^;
          0
            最後の田んぼの代かき中に
            トラクターをぬかるみにはめちゃいました^^;

            師匠から引き継いだこの田んぼ。
            師匠も何回かトラクターをはめたことがあると言っていたので
            いつかぼくもやってしまうんじゃないかと思っていたら
            とうとうその日が…

            田んぼの深い所に突入したらタイヤが空回り。
            バックしてもロータリーが引っかかって進めずもうお手上げです。



            田んぼの底には硬盤層という硬い土の層があって
            その層でトラクターの重みを受け止めたり
            水が抜けないようにしてくれています。

            その上に柔らかい土の層があって
            その層を水と混ぜてとろとろにして稲を植えていきます。

            この田んぼは、その硬盤層がデコボコで
            何か所か深い所があってそこは水の抜けが悪いんです。

            そういう場所は、秋の水のないうちに耕して
            平らにしておかなきゃならないんですが…

            去年の稲刈りの時期は
            雨が多くてなかなか田んぼが乾なくてなかなか刈り取りができず
            そうこうしているうちに台風が来るってことで
            田んぼが乾ききる前に半ば強引に稲刈りをしたために
            水の抜けの悪い所中心に地面が荒れてしまいました。

            それからもずっと定期的に雨が降っていたので
            今まで地面の荒れた所は湿りっぱなしで
            その部分だけ結局耕せずこの時期を迎えてしまいました。

            田んぼ作業と言うのは刈り取りが終わったら全部終了で
            また来年から新たにスタートって感じではなく
            ずっと切れ間なく続いていくものなんだなぁと実感!

            はまったトラクターは、いつもお世話になっている
            近所の農家さんに助けてを求め
            クレーン付きトラックで引き上げてもらいました。



            忙しい時期にもかかわらず
            すぐに駆けつけていただいて本当に感謝です!!

            その上、この状態での代かきのやり方までアドバイスいただいて。
            つくづくいろいろな人に助けてもらっているからこそ
            農業をやっていられるんだなと感じ、感謝の気持ちでいっぱいです!

            その後はアドバイスのおかげもあって
            おっかなびっくりながら無事に最後の代かきを終えることができました。
            いやー疲れました^^;(勝)
            | 田んぼ | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            田植えまであと一週間
            0
              田植え前の田んぼの準備総決算の代かきをしました!

              写真はトラクターに乗りながら後ろを見たところです。
              角材を引っ張ってあげて田んぼの表面を平らに仕上げていきます。
              キレイに代かきできた田んぼは風景が映り込んで鏡の様です^^



              この代かきをするまでってのが結構手間がかかってまして…

              まず稲刈りが終わったら秋のうちに耕して
              稲を刈った後に残った株を掘り起こします。
              次に冬の間に耕す寒起し。
              耕した土をさらに霜がほぐしてくれるんです。
              そして2月下旬から3月に
              いろは米唯一の肥料である米ぬかを田んぼにまいて耕します。
              4月に入っていよいよ田んぼに水を入れて荒じろをかきます。
              水を入れてトラクターで耕すことで土をとろとろにして
              地面のヒビにそのとろとろを入れて水が漏れないようにする作業です。
              で、田植えの約一週間前に最後の代かきをして
              田んぼの土を平らに平らに仕上げていきます。

              これで一週間程水の中に舞い上がった土を落ち着かせれば
              やっと田植えの準備完了!

              長かった田んぼの準備もあと1枚の田んぼの代かきを終えれば
              メインイベントの田植えを残すだけとなりました。
              もうひと頑張りです^^(勝)
              | 田んぼ | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              順調に発芽^^
              0
                4月の大仕事、種籾蒔きが終わり
                急ピッチで畑仕事をやって行こうと思った矢先
                保育園に通い始めたばかりの娘がかかった風邪をもらってしまい
                数日間微熱が続いたまま、だましだましの農作業になっております^^;
                最近風邪の治りが悪くなったような気が…

                そんな不調なぼくとは対照的に稲たちは順調に発芽してきました!



                今年は、温度管理などいろいろうまくいった様で
                キレイに発芽がそろってくれました^^

                もうちょっと辛抱してこのまま根っこを伸ばしてもらったら
                プールに水をはりたいと思います!(勝)
                | 田んぼ | 10:48 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
                田植えに向けて
                0
                  5月初めの田植えに向けた重要な仕事、種籾蒔きをやりました!
                  去年は、育苗のプールに入れておく時間が長すぎたのが
                  病気が出た一因だと考えられるので1週間程遅らせてみました。

                  種蒔きの準備としてまず種籾たちを10日ほど水に浸します。
                  この時点で約10日後種籾蒔き→その後25〜30日で田植えという
                  タイマーがセットされる感じ。
                  稲の成長は待ってくれないのでそれまでには準備を終わらせななきゃ!
                  プレッシャーを感じちゃいます^^;

                  水に浸けると種籾たちが動きだし大体10日位で芽が出てきます!



                  その芽が出てくる前に育苗用のプールを完成させたり
                  育苗用のパレットを6反分150枚を洗ったり
                  先輩農家さん達と共同で使っている道具を借りに行ったり
                  パレットに底土を入れたりと準備が盛りだくさん!
                  仕事は段取り8分とはよく言ったもんです。



                  底土を入れたパレットずらっと並べて
                  専用の機械をガラガラっと転がして種籾を蒔いたら
                  もう一台の機械で覆土して完成!
                  昨年病気が出た大きな原因として通気性の悪さ、蒸れが考えられるため
                  播種の量は少し少なめで覆土は薄くしてみました。

                  プールのビニールを破かないよう慎重にプールの中に並べたら
                  保湿用のシートをピシッとかけて作業終了!

                  なんだかんだで一日仕事になってしまった^^;
                  これから芽が出そろうまでどきどきの日々が続きます。
                  ハウスの温度が上がりすぎるのも蒸れの原因になるので
                  コマメなハウスの開け閉めも心がけなくては!

                  ここ数日種籾蒔き準備に追われていて畑の方の仕事が滞っているので
                  明日から急ピッチで進めたいと思います!(勝)
                  | 田んぼ | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  稲作終わり
                  0

                    今日は、今年の稲作最後の作業。
                    イセヒカリの脱穀をしました。



                    ハーベスターという機械を使ってお米とワラに分けていきます。

                    コシヒカリは、コンバインで刈り取ってもらっていますが
                    もち米、黒米、イセヒカリはバインダーで刈り取って天日干ししています。

                    昨年は、9月後半から雨続きでなかなか脱穀ができずに
                    長い間干しっぱなしになってしまいましたが
                    今年は天気がよかったおかげで適期に脱穀できました^^

                    春の育苗で一部の苗に病気が出てしまうという
                    いきなり不安でどきどきなスタートを切った今年の稲作。

                    猛暑で水の管理が大変だったり
                    9月始めの雨で刈り取りが遅れたりと例年より手がかかりましたが
                    無事すべてのお米の収穫を終えることが出来ました!

                    2013年産いろは米。
                    手塩にかけて育てた自信作です!
                    ぜひぜひ食べてみて下さい^^(勝)

                    | 田んぼ | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    いろは米コシヒカリ収穫!
                    0
                       今年も稲刈りがはじまりました!

                      一番早く刈るのはいろは米の主力であるコシヒカリ。
                      例年だと9月の第1週に刈り取りで
                      それに向けて8月中旬から田んぼの水を落として
                      地面を乾かしてコンバインが入れるようにしておきます。

                      が、今年は9月に入ってから雨の日が続たせいで
                      せっかく乾かしておいた田んぼの地面がぬかってしまい
                      延期に次ぐ延期で9月14日になってしまいました。
                      ライスセンターの人もこんな年は初めてだと言っていました。

                      刈り取りは、近所の農家さんにお願いしてコンバインで刈り取り!
                      大型機械での作業は早いです!



                      その後、ライスセンターに持って行って乾燥。

                      お米は天日乾燥が理想なのですが
                      乾燥が甘いと貯蔵中にカビが生えたり虫が湧いたりしちゃいます。
                      機械乾燥の方がしっかり乾燥できるので
                      安心して長期保存できます。

                      さらに9月の初めはまだまだ湿度が高い上に
                      日差しが強いと言う天日乾燥にはあまり適さない気候。
                      強い日差しにさらしすぎると米が割れてしまうんです。

                      昔の様に、梅雨の時期の田植えで10月の稲刈りならば
                      理想的な気候なのですが、最近は時期が早いのが主流で
                      田んぼの水を共同で使っているので
                      うちだけ遅い時期に稲作をやる訳にもいかず…

                      今年のコシヒカリは、3反程(約900坪)で
                      17俵弱(約1t)の収穫でした!
                      収穫量としては昨年より1俵少なかったのですが
                      品質はいいみたいです^^

                      春の育苗では病気が出たり
                      田植え後にはザリガニに切られたり
                      (あ、これは例年通りでした^^;)
                      雨続きで稲刈りが遅れたりといろいろありましたが
                      無事収穫をむかえることが出来て一安心。
                      家に1tものお米があるとなんか安心感があります。(勝)
                      | 田んぼ | 22:10 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
                      | 1/5PAGES | >>